NATA  ディジュリドゥ演奏家
オーストラリアの先住民アボリジ二の聖地アーネムランドで伝統音楽、狩猟文化、宴を体験。そこで学んだ自然との関わり方に共感し、様々な活動を行っている。

北アフリカのチュニジア共和国から招待を受けて日本代表としてパフォーマンスを行う。 インドネシア・バリ島にて伝統音楽ジェゴグと共演。 台湾でのホールコンサート。 マレーシア・ランカウイ島でのリトリート。
ドイツ大使館、中国大使館、TV・映画・舞台音楽製作への参加、TV出演、フジロックフェスティバル、鎌倉鶴岡八幡宮例大祭、明治神宮野球場、YogaFest YOKOHAMA、舞台公演、東京大学や早稲田大学での演奏講演会、幼小中高等学校での特別授業など。
日本の土を使い富士山の麓で陶製ディジュリドゥを制作。そのオリジナルの作品がオーストラリアでアボリジニによって演奏される。

 

 

 

明治神宮野球場 2000人ヨガ

JINGU STADIUM NIGHT YOGA

北アフリカ チュニジア

 

 

 

国内・海外公演
北アフリカ、インドネシア、台湾、マレーシア、ドイツ大使館、中国大使館、フジロックフェスティバル、東京国立博物館、鎌倉鶴岡八幡宮例大祭、YogaFest YOKOHAMA、明治神宮野球場、京都 法輪寺、富山縣護国神社、神奈川 久良岐能舞台、神奈川 川崎能楽堂、長崎歴史文化博物館、金沢市民芸術村、森美術館、東京 三鷹市芸術文化センター 風のホール、岡山県指定天然記念物 満奇洞、奈良 矢田寺、東京 真言宗豊山大本山護国寺、奈良 信貴山総本山玉蔵院、東京 鷲峰山玉泉寺、国際展横浜トリエンナーレ、千葉 かずさアカデミアホール、東京 武蔵野市民文化会館、東京 かめありリリオーホール、広島 けん玉ワールドカップ2016、静岡 国登録文化財旧マッケンジー邸、金沢市民芸術村、広島 廿日市市中央市民会館、東京 第28回日本鍾乳洞サミット、東京 六本木ヒルズGRAND HYATT、東京 六本木ハリウッドホール、東京 ゆとろぎ大ホール、チュニジア・サハラ砂漠フェスティバル 等

 

 

演奏講演・講師
東京大学、早稲田大学、東京都立多摩高等学校、東京都新宿区西新宿小学校、東京都新宿区立鶴巻小学、東京都青梅市吹上小学校、東京都奥多摩町立氷川小学校、静岡県浅羽南幼稚園、沖縄県本部町立上本部中学校、石垣中学校、沖縄県うるま市立勝連小学校、沖縄県立与勝高校・与勝緑ヶ丘中学校、沖縄県うるま市立勝連幼稚園、岡山県津山交流演奏会、石垣市白保中学校、おもと学園 (知的障がい者更生施設)、ひまわり(障がい者通所)児童、八重山育成園 (通所授産施設)、まきら幼稚園、等

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画・ドラマ・舞台 音楽

2021年 テレビ朝日 連続ドラマ 『刑事7人』 第7シリーズ
 キャスト:東
山紀之・田辺誠一・倉科カナ・白洲迅  吉田鋼太郎・北大路欣・塚本高史
2021年 山海塾 『ARC - 薄明・薄暮』
2020年 テレビ朝日 連続ドラマ 『刑事7人』 第6シリーズ
2019年 テレビ朝日 連続ドラマ 『刑事7人』 第5シリーズ

2018年 テレビ朝日 連続ドラマ 『刑事7人』 第4シリーズ
2017年 テレビ朝日 連続ドラマ 『刑事7人』 第3シリーズ
2016年 テレビ朝日 連続ドラマ 『刑事7人』 第2シリーズ
 
キャスト:東山紀之・高嶋政宏・片岡愛之助・鈴木浩介
 倉科カナ・吉田鋼太郎・北大路欣・塚本高史
2015年 テレビ朝日 連続ドラマ 『刑事7人』
 主演:東山紀之・高嶋政宏・片岡愛之助・鈴木浩介
 倉科カナ・吉田鋼太郎・北大路欣・塚本高史
2010年 テレビ朝日 連続ドラマ『警視庁継続捜査班』
 
キャスト:木村佳乃・筒井道隆・伊原剛志・余貴美子
2010年 WOWOW 『パーフェクト・ブルー』
 
キャスト:加藤ローサ・中村蒼・宅麻伸・石黒賢  原作:宮部みゆき
2009年 映画「Blood」
 
キャスト:杉本彩・要潤・津田寛治 監督:下山天 音楽:吉川清之

 

 

TV・雑誌・新聞
TBS番組、NHK番組、NHKニュース、YAHOO!JAPANニュース、gooニュース、dmenuニュース、『トレーニングNavi』 Vol.1 (ベースボール・マガジン社)、『 Yogini 』、『 ソトコト 』、『 ロッキンf 』、読売新聞社、静岡新聞社、山陽新聞社、琉球新報社、八重山毎日新聞社、西の風新聞社、西多摩経済新聞 等

 

 

 

 

ディジュリドゥ

南半球の大陸・オーストラリアに住む原住民の祭りや家族の団らんの場でもある日々の宴等で演奏され、歌や踊りと共に彼らの生活にかかせないものです。

芯にある油の部分を白蟻が好んで食べることで中心が空洞となったユーカリの木でできており、自然の力によって筒状になった木の外側に原住民たちによる独特な模様がほどこされます。腹式呼吸で演奏しながら循環呼吸という特殊な奏法で途切れることなく音が続き独特な響きは聴く人をリラックスさせる効果があるといわれヒーリングミュージックとしても用いられています。

自然の中で暮す原住民たちは身近な景色や動物達をディジュリドゥで表現してきました。
大地を駆ける動物達の姿や海原をわたる風の流れ・・・そんな風景が想像できる音色です。

 

 

 

 


先住民アボリジニの長老 ジャルーグルウィウィ氏によるイダキ(ディジュリドゥ)制作

写真をクリックすると拡大表示されます

聖地アーネムランドで開催されたフェスティバルにて